消費者金融・ローン業界の給料・待遇

消費者金融で働く場合、給料や待遇が気になるところですが、これは業者によってそれぞれ異なります。基本的に大手業者であれば、普通のサラリーマンと変わらず週休二日制のところも少なくありません。また残業手当も付けてくれるところが多いため、家族がいる人でも安心して働くことができます。消費者金融一覧会社で働き給料を増やしたい場合は、営業であればたくさんの契約をとってくることです。ただし実際には、営業マンが契約をとってきてお金を貸すことはめったにありません。それよりも、すでに借り入れをしている人を対象にして、増額をするようにします。消費者金融の営業マンの中でも、ボーナスが高い人や給料が高い人は、増額を促すのが上手な人です。
増額の対象になる人は、今までしっかりとお金を返済してきた人に限ります。しかも、決められた期間内に返済をしていることが大事です。そのような人を対象に、定期的に電話をかけたり郵便物を配送して増額ができる旨伝えます。そこでもし、増額をしたいと希望する人がいれば営業マンのボーナスに影響することが多いでしょう。ですが、その月に増額する人があまりないとボーナスが上がりにくくなります。だからと言ってやみくもに増額を勧めることはしません。もし、増額をしてしまった結果返済ができなくなった人がいれば、その分マイナスに評価されてしまうからです。
現在の消費者金融・ローン業界では、かつてのように無理やりお金を回収して給料やボーナスが上がるといった仕組みは廃止されています。取り立ての仕事もありますが、借り主を脅迫するような仕事ではありません。